暇人雨の絵の暇潰し日誌

最近はTwitterに篭っています。

ともだちってなんなんだろう?【ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(64版) プレイ後記】

 「こんな楽勝なラスボス戦があってたまるか!ふざけんな!(歓喜)」

 

…はい。最後のムジュラの化身戦で鬼神リンク無双したらスーパーヌルゲー化して戦慄しました。お久しぶりです。

f:id:Rain-Ruins919:20150606003410j:plain

というわけで、ムジュラの仮面を無事にクリアしました。

中々斬新なシステムだったりストーリーだったりで楽しめましたよ。

完全初見プレイで詰みかけたことも多々ありましたけどね。それだけ難易度も高く、丁度いい感じでした。まぁ僕謎解きアクションゲーマーじゃないからアレですけどね…。

 

それはさておき、とりあえず色々語ります。

 

 *システム・イベント的な話*

前述したように、このゲームは今までのゼルダと比べて桁違いに難易度が高いです。

SFC、FC版とは比べものにならないでしょうけど、3Dポリゴングラフィックを使い始めてからのゼルダの中では恐らく高難易度な部類に入るでしょう。

人間リンクだけに留まらず、多種族の特技を使って謎を解くにあたって、デクナッツリンクの時に使えるデク花の「もぐる」コマンド発生テーブルが狭かったり、ゴロンでの走行路がやたらグネグネしてて大変だったり、ゾーラの水中ジャンプをする為の水場が小さかったりと、「これ物理的に攻略できんのか…?」と疑ってしまう程に仕掛けが難しいんですわ。難易度高くてアイテムコンプできてないし…

言うて僕アクションゲー苦手だし…(殴

 

そもそもWiiのVCですし、コントローラーが従来の物と違う(しかもWiiUだからGC用コントローラーは使用できず、クラシックコントローラーでの操作に…)ので、まぁ多少はね?

…こんなことならWiiリモコンに付けられるGCコントローラー買えば良かった。そうだ、買おう。駄目だ、お金無い。と、記事を書きながら徒然思っているわけでございました。

 

…謎解きの難易度はここらで良いとして、このゲームは前作、時のオカリナ(以下、前作)よりもサブイベントとやりこみ要素が多いんですね。

前作のやりこみ要素、黄金のクモ退治に、各キャラクターのサブイベント、お面集めが加わり、もうやりこみに時間を使うロマサガ状態。お面集めはクリアすると鬼神の仮面(公式チート)が使えたり、エンディングが変わったりするからやって損がないです。信じなさい、信じなさい…

 

…前作のやりこみなんて、財布がでかくなるだけで面白くもなんともなかったですからね。ぶっちゃけ前作は300ルピー以上無くてもなんとかなるゲームですから…。サカナ売ればなんとかなっちゃいますから…。Cで売ってあげてください。

 

というか、ほとんどのサブキャラ(カーフェイとサコンは未実装だったか…)にボイスが入ってるからもう素敵です。しかもほとんど前作と同じグラフィック(パメラ、パメラ父、カーフェイはオリジナルか…?)。前作をやった身としては、「おっw」と言わせる個性的な人々の、個性的なイベントが楽しめたからもうお腹いっぱいです。

心残りなのはクリミアさんのぎゅーが見られなかったことだけ…←

今度時間があったらぎゅー耐久します。(オイコラ

 

それと、「常に時制」という状況が結構きます。

「時間内にクリアできなければゲームオーバー、但し時は「時の歌」で一から戻せる」というシステムが斬新で、もうこれは王道アクションゲーじゃねぇぞ、と思えました。えぇ、始めて2時間くらいで思いました。

王道過ぎず、邪道過ぎず、それでもちょっぴり邪道な王道ゲーって、嫌いじゃないです。個人的に。

 

*ストーリー的な話*

ホラーゲーム、と言うだけあって、中々怖かったり深かったりしましたね。

癒やされない生命はお面に宿る、とか。友達が欲しくて、寂しくて、力を手に入れた、とか。…「明日世界が終わるとしたら、どうしたいか」という問題を現実に抱えたらどうなるか、とか。

気は物に宿る、とはよく言われたモノです。呪われた人形とかお面とか、探せば世界中にいくらでもありますからね。呪術にも使われる描写だってよくありますし。

 

なによりこのゲームは、「友達」をテーマに描いていたりするのもあるので、何だかIbのような、「友達が欲しくてやった」感を感じました。よくあるホラーといったらよくあるホラーですけどね。

そういうゲームって何だか親近感というか、同じ気というか、まぁ、そんなマイナスエネルギーの同調らしきものがありますね。

 

「ともだちってなんだろう?」

「ただしいことはともだちをよろこばせるの?」

「そのともだちは、きみをともだちだとおもってくれてるかな?」

…なんて。結構グサッときますよね。

 

まとめると…

「あなたには大切な人がいますか?」

「その大切な人を、あなたは大切にできていますか?」

「あなたは大切な人にどう思われていますか?」

「もし大切な人を失ったら、大切な人に裏切られたらあなたはどうしますか?」

「そんな中、もし明日世界が終わるとしたら、あなたはどうしますか?」

このゲームはそんなことをプレイヤーに問いかけている、ということなのでしょうか。

ホラゲらしいといったらホラゲらしいですけどね。

僕はこういう類いのお話は好きですよ。

 

お話の内容から、このゲームはもっと色んな人にやってもらいたいな、と思ってますけど、色々「思い出した!」要素が多いので、前作を先にプレイするのをおすすめしますよ。難易度も低めですし。

 

*まとめ・評価*

・まずは前作からやった方が良い。ゼルダ初心者さんには向かない。

・話もシステムも文句なし。ただ、難易度高すぎィ!仕掛けも難しいゾ~

・多分、根気と発想力があれば誰でもできます。攻略本は必ず用意しましょう。(殴

 

総評としてはかなり良作です。是非是非やってみてはいかがでしょうか。

…あ、3DS版はおすすめしません。64版をやってこそ時オカ、ムジュラだと思ってます。

3DSのリメイク作品って結構良作崩しが多いから、無駄遣いするよりVCの安い方を選んだ方が得だと思いますよ(黙

 

公式サイト(3DS版)はこちら↓

VCはこちら↓

ムジュラ:http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/vc_zelm/index.html

時オカ:http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/vc_lzo/index.html