暇人雨の絵の暇潰し日誌

最近はTwitterに篭っています。

通りすがりの、仮面ライダーだ。【CSM DECADRIVER レビュー】

f:id:Rain-Ruins919:20150325131223j:plain

ドン。

 

…はい。注文していたコンセレ版大人のためのディケイドライバーが来ちゃいました。

以前CSMカブトゼクターを逃したので、かなり悔しくて買っちゃいました。約13,000円。

文面だけ見てもわかんないだろうけど、未だ興奮しっぱなしです。←

 

写真は一部妹に撮ってもらいました。

どんぐり()の時と同様にとりあえずレビュー始めますね。

 

KAMENRIDE DECADE!

 

まず、さっきドカンと写ってた外装。

f:id:Rain-Ruins919:20150325130419j:plain

前面。

士クンがドドンと出てます。闇に光るピンk…マゼンタボディが大人な格好良さを引き出してくれてます。素敵です。

f:id:Rain-Ruins919:20150325132217j:plain

ちなみにこの白文字は触ると立体になってます。結構凝った仕様です。

f:id:Rain-Ruins919:20150325130430j:plain

側面。

白文字と同じく、ピn…マゼンタのバーコードの造形も凹凸になっています。

f:id:Rain-Ruins919:20150325133001j:plain

士クンをどかすと、こんな感じ。

バックルとカードが見えるような造りですね。

この背景、赤文字も凹凸になってます。内側まで作りこむのは流石プレバン。

 

中身を見てみましょう。

f:id:Rain-Ruins919:20150325133307j:plain

ベルト本体とバックルが最初からくっついてます。

上にカード、その下にベルト。左下にベルト留め、右側には取扱説明書等々の書類。

ちなみに取説と一緒にディエンドのマークにComing soon…とありましたが、プレバンCSMディエンドライバーが出るんですってね。

欲しいところだけどお金がないのでやめておきます。カブトゼクター欲しいんだけど中古で落ちてないかな。←

f:id:Rain-Ruins919:20150325133725j:plain

電池は単3を2本、バックルに入れます。

ちなみに本体からバックルを外すとき『パキッ』て音がするっつったので壊れるか心配になったけどそうでもないんですね。

流石ボーイズトイ。頑丈。←

f:id:Rain-Ruins919:20150325134150j:plain

さらに本体。

通常版と比べたら重塗装になってるそうです。僕は通常版持ってないので良く分かんないですけどね←

f:id:Rain-Ruins919:20150325134842j:plain

LEDとラメ。これは通常版と同じ仕様なのかな…?

 

機能紹介。

 

f:id:Rain-Ruins919:20150325135409j:plain

バックルの底面に電源と、新機能『BGMボタン』を搭載。

公式でも紹介されているでしょうが、こちら、1回押すと「パラレルワールド」(士クンが決め台詞を言うときに流れているBGM)、もう1回押すと「ディケイド」(ご存知変身時に流れるBGM)が流れます。

ちなみに「BGMを1秒以上長押しして、パラレルワールドが流れている間にカードを入れるとディケイドが流れる」という凄い機能も。何だこりゃ。

BGMを付けて、よりディケイドに、士になりきりたい人にはとんでもなく嬉しい機能です。

f:id:Rain-Ruins919:20150325135908j:plain

変身時にはちゃんと光って喋ります。

尚、あまりガチャガチャ動かしてると反応しなくなります。

f:id:Rain-Ruins919:20150325140059j:plain

従来のガンバライドカードも反応。

勿論、\フォームライド ダブル!ルナトリガー!/とは言いません。

f:id:Rain-Ruins919:20150325140353j:plain

勿論、他のライダー(クウガからキバまでの平成ライダー)にも変身できます。

 

で、そんな重要アイテム『ライダーカード』を見て見ましょう。

f:id:Rain-Ruins919:20150325140814j:plain

全30枚。コンプリートセットを買うともっと付いてきます。+約8000円。

KRが10枚、ARが9枚、FFRが10枚と、FARが1枚。

更にアタックライドカードは新規音声が入ってます。

ディケイド関連のカード…BlastやSlash、Invisibleはしっかり英語発音してくれているんですけど、Strike Vent(龍騎)、Clock Up(カブト)といった別ライダーの英語技は日本語読みしてました。ちょっと残念。

ただ、音撃棒・烈火(響)と俺、参上!(電王)は素晴らしいと思う←

f:id:Rain-Ruins919:20150325130237j:plain

そんなCSMライダーカードですが、ここで色んな仮面ライダーカードと比べてみましょう。

右から、CSMライダーカード、ガンバライジングカード、ガンバライドカード。

ガンバライジングとガンバライドではデータカードダスの機種が全く違うため、カードも違ってきます。

そのため、ガンバライジングカードをベルトに入れても、光りますが反応はしません。むしろエラー音が鳴ります。

f:id:Rain-Ruins919:20150325143657j:plain

そして問題のこの二枚。右がガンバライドカードです。

上の画像も合わせて、まず決定的な違いを述べると、「能力解説が無い」です。

ガンバライドは現在稼動していないため、CSMカードは完全劇中再現版となってます。

そして、画像を見て分からないかと思われますが、材質が違います。

ガンバライドカードは紙でできています。しかしCSMライダーカードはなんとプラスチック製。カードを入れる際に折れてしまった…などという事故を未然に防ぎます。

そしてこの光沢感。下手に撮ったらカメラや顔が写りこんでしまいそうでもう←

 

最後に変身考察。

実際に装着すると結構ゆるいです。立つとしっかり腰で安定してくれます。

f:id:Rain-Ruins919:20150325145224j:plain

戦極ドライバー(子供向け通常版約5,000円)とベルトの留め具を比較するとこんな感じ。

ツメ二本で留めている鎧武者のベルトに対して、破壊者のベルトは大人向け仕様。

いくらでも調節できそうです。

 

ちなみに劇中のように変身しようとすると、カードが入らない、エラー音が鳴る、ゆっくり閉めないと反応しない、等色々と繊細なのでした。

おのれ、CSM。

 

既に予約受付終了しておりますが、詳しくはこちら。↓

どんぐり()はこちら↓